盈彩体育官网_app下载平台~

图片

資料請求

修了生と受講生のひろば

研究会

「図書館研究会」は、1期生有志グループが2003年に札幌市の図書館ビジョンについてその構想と現状の検証をテーマに研究活動を行ったのが始まりです。当初ははっきりとした会則はなかったのですが、その後2006年に松下鈞教授の指導のもと「情報行動?知識管理研究会 」(えいびむす)として2013年度までは定期的な例会を行っていました。その時期は会則にもとづき会員は入会時に年会費を納めていました。(この規約にもとづいた会費の徴収や活動は休止中となっています。)
「情報行動?知識管理研究会」(えいびむす)に代わって現在は修了生の交流の場「えいびむず」として活動しています。修了生有志が呼びかけて本学、苫小牧、千歳、旭川などで学習会や製本講習などのイベントを行うほか、課程の公開授業や土曜講座に参加しています。

 

同窓の集い

「修了の集い」は、2015年度(2016年3月)まで課程修了時に実施していました。現在は、修了生の交流ツールとしてメーリングリストを使って公開授業や土曜講座などの案内を行っています。また2016年度以降の学生系メールアドレスは卒業後も使用できるようになったのでこれを使用した一斉送信の形で行っています。また、すべての期の修了生が集まる「同窓の集い」は、2007年9月と2013年1月に実施されました。2019年12月にfreemlのMLが終了となったので、2020年1月からslack(スラック)というコミュニケーションツールを使用して修了生の交流の場を構築中です。修了生のなかで関心のある方がおられたらご一報ください。
(連絡先 仮世話人:下田 shimoda@venus.fujijoshi.ac.jp)


 

Page TOP